FPSゲームでの悩み ~前編~【こんなことで悩んだことはないですか?そんな人たちにおすすめ!】

☑撃っても撃っても全然敵に弾があたらない。。
☑いざラウンド開始!・・・何をしたらいいのかわからない。。
☑敵と遭遇!出会い頭の撃ち合いで負けちゃう。。

(以下は後編で)http://fpsgamelab.com/2016/04/11/post-191/
☑沢山武器の種類があるけど、どれがいいのかわからない。。
☑投擲武器(グレネード系)の使い方がいまいちわからない。。
☑ナイフで倒されて悔しい!自分はナイフで倒せないのに。。
☑キルレがずっと1くらいで上達しない。。

今までFPSをやってきた方で、上の悩みのどれも当てはまったこと無い。

という方は中々少ないのではないかと思います。

むしろ、今でも上の悩みのどれか一つを抱えているんだ、という方もいらっしゃると思います。

上の様な悩みはもう無いという方も、今一度振り返ってみると

「ああ!そうだったそうだった!」

と、基本に今一度立ち返ることでさらなるFPSテクニックの向上につながるかもしれません。

イントロダクションが長くなってしまいましたが、それでは各項目一つ一つに焦点を当てていきましょう。
1.撃っても撃っても全然敵に弾があたらない。。

敵を見つけたら撃つのではなく、自分が当てられる自信のある距離で撃ちましょう。

・狙いを定めて撃つだけなのに、ちっとも当たらない。動きまわってる敵に当てるのがすごい苦手。基本的な悩みですね。
敵を狙って撃つ感覚というのは、ある程度の経験が必要ですが、多少の知識と心構えさえあれば、すぐに当てられるようになります。
しっかりと敵に弾を当てるようにするには、まず自分なら確実に当てられる自信のある距離を把握することです。
敵が近くに居る場合の近距離戦なのか、障害物などから除いて狙いを定める中距離戦なのか、スナイパーなどの長距離なのか。
もちろん戦ってる最中に、戦況はどんどん変わるので、自分の自信がある距離だけで戦うことは難しくなる場合もあります。
ですが、ほとんどの場合、近・中・長距離のどれかで戦う事になります。近距離に自信のある方は、なるべく開いた場所に出たりせず、
狭い場所が多いところや、室内などを積極的に戦場にしましょう。中距離に自信のある方は、障害物などが多い場所をなるべく見つけるか
壁などがあるところを拠点に行動しましょう。長距離で戦いたい方は、なるべく戦いが起きやすい場所から距離を取りましょう。

2.いざラウンド開始!・・・何をしたらいいのかわからない。。

自分に与えられた役割をしっかりとこなしましょう。

・ほとんどのFPSゲームが、それぞれに特有の役割があると言っても過言ではないと思います。基本的に、敵を倒す事なのですが
どのように倒すか、どれくらい倒すか、いつ倒すか、など様々なシチュエーションによって「空気を読む」事が大事です。
まずは分隊行動のように、ツーマンセルやスリーマンセルといった団体行動を心掛けましょう。味方を狙っている敵の側面を狙ったり、
逆に最悪の場合、自分が倒しきれなかった敵を味方が倒してくれたりとメリットが多いです。
もし1人で行動しなければいけない場合は、まさに自分が何をするべきかよく考える事が大事になる時です。
敵が少なかったり、こちらのチームが優勢だったり(スコアボードを観て確認してみましょう)、そのような場合はイモイモしてないで
果敢に攻めてみたり、敵がいそうな陣営や場所に攻め込んでみてもいいかもしれません。とにかく、今「自分がこうしたらチームが
良くなりそうだな」と考えてみましょう。おのずと何をすればいいか、ひらめくかもしれません。

3.敵と遭遇!出会い頭の撃ち合いで負けちゃう。。

敵が飛び出してきそうな場所やタイミングを覚えましょう。

・こればかりは何回かやって、そのマップの特徴を覚える事が大事になってきます。もちろん、本当に不意をつかれる事も多いですね。
そのような場合は落ち着いて対処するのが一番なんですが、落ち着けないのが普通だと思います。
出会い頭での打ち合いに負けて悔しい!という方はショットガンや、ナイフでのキルになれる、など近距離特化の武器や戦術を
覚えてみてはいかがでしょうか。ショットガンは、やはり至近距離にかなり特化していますので、有利になるのは間違いありません。
問題としては、ある程度狙いをしぼって2・3発でしとめきらなければいけないので、慣れてない方には難しいかもしれません。
もしくは、出会い頭での打ち合いになる機会を減らせば、そもそも負けることがなくなるかもしれません。
神経を使いますが、多少移動速度などを落とし、敵がでてきてもおかしく無いエリアではつねに警戒して進む。
これらの心がけが、あるかないかでだいぶ違ってきます。

後半へ続く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です