普通の純正コントローラーと違うVenomXの特徴とすごさ

みなさんは、普通の純正コントローラー以外でFPSをプレイしてみた事がありますか?
昔からFPSをやっている方は、おそらくPCのFPSをマウスなどでやっていると思います。
ですが、FPSゲームが人気になり始めてから何年も経ったので、

プレステやXBOXでしかやったこと無い方、多いと思います。
もしくはそこまでPCのFPSをやりこんでない方も多いのではないかと思います。

結論から言うと、マウスのエイムにコントローラーでは中々勝つのが難しいと思います。
もちろん純正のコントローラーにはそれ特有の良さはあります。

ですが、FPSゲームの醍醐味の”狙って撃つ”という事に関して

VenomXやマウスコントローラーの優秀さは計り知れません。

ですが、ただ普通に手持ちのマウスやキーボードをコンバータを使って

プレステやXBOXで使っても、それはあくまでも使えるようになった

というだけです。

VenomXのマウスとヌンチャク型のコントローラーの操作性とは違います。

[ボタン付きマウス]

まず、VenomXのマウス自体にはクリックとホイール以外に、4つのボタンが

側面についています。これがある事によって、マウスを操作しながら

直感的なボタン操作ができるようになっています。

利き手側でボタン操作が出来たほうが、やりやすいです。

ボタンの大きさもそれぞれ押しやすいサイズ、そして配置パターンも

よく考えられてるので実用的です。

もちろんボタンの配置が気に入らなければ、PC側との設定ソフトで

好みのボタン配置に変更する事ができるので、これもまた有利です。

よく使う○ボタンや□ボタンを好みの場所に配置したりできます。

純正のコントローラーではそんな事できません。

[エイム]

さて、エイムがコントローラーとは全然違うと言いましたが、別次元ですね。

やはり親指一本でエイムを調整しなければいけない純正コントローラーと違って

マウスのエイムは右手全体でエイムを調整するのでヌルヌル加減が違います(笑)

表現が少しおかしいかもしれませんが、本当にヌルヌルエイムできます。

狙ったところに、サッ!ピターッ!っと、コントローラーで出来なくても

マウスのエイムというのはできちゃったりします(もちろん個人差あります)。

僕はもともと純正コントローラーでのエイムが良い方ではなかったので、

VenomXを使って歩兵をやるようになってからは成績があがりました。

即座に敵にエイムを合わせて撃つ機会が多い、突撃兵が多いのですが

とっさの打ち合いになった時、エイムをあわせる速度でよく勝てます。

いつもチームの真ん中とかそれより下でしたが、初めて使った際に

いきなりチーム1位の成績になったことがあります。(動画あり)

エイムがよくなるだけで、すぐに効果がでるあたりさすがとしか言いようがありません。

というか、純正コントローラー2・3個買えちゃう値段ですから、成績が

良くなって当然というか・・・まあこれに関しては僕がすごい事はこれっぽっちもないです。

[ヌンチャク]

VenomXのマウスの良さが際立っておりますが、ヌンチャク型のコントローラだって

負けてはいないくらい画期的な商品です。

まず、マウスとキーボードだと、左手で忙しいキーボード操作をしなければいけないですが、

ヌンチャクなら指が3本あればいけちゃいます(笑)

キーボードなら4本か5本は絶対に使うので、そうは行きません。

やはり移動に関してはスティック型が定番でしょう。そして左手の中指と人差し指で

銃を撃つようにボタン操作ができるのも便利ですし、かっこいいです。

スティクの下に十字キーボタンが割り当てられているので、最初は少し不便かもしれませんが

それを補って有り余るほどの機動力です。

[コンバータ付き]

最後に、コンバーターもついているので

どうしてもお気に入りのマウスとキーボードをプレステやXBOXなどのコンシューマ機で

使いたいという方は、その2つをコンバータに差し込むだけで使えます。

キー配置などをPC側で細かく設定することもできます。

もし純正コントローラ以外使ってみたいなと思ったら、これで試してみてはいかがでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です