ゲーム機でのFPSとパソコンでのFPSの違い

FPSゲームといえば、コールオブデューティ(COD)やバトルフィールド(BF)、AVAカウンターストライク(CS)、サドンアタック(SA)などなど。

有名どころのゲームがパッと思い浮かぶと思います。

また、それぞれのゲームによってプレイできるプラットフォームが異なりますね。

AVAやCSなどのパソコンでプレイする為のゲームは、基本的にプレステなどでは出来ないのが多いです。

逆に、CODやBFなどはパソコンで出来たりするタイトルもあります。

それぞれの作品、すべてをやった事がある方もいらっしゃると思いますが、

ここではそれぞれがどんな感じなのかというのを紐解いていきたいと思います。

また、感想や評価などは個人的な意見を多く含んでおりますので、ご容赦ください。

まず、一番有名なFPSシリーズのコールオブデューティーです。

maxresdefault-7

今回はCOD ブラックオプス3(BO3)を例にとります。

こちらは認知度が一番高いだけあって、誰でもプレイを楽しめるような

そんな作りになっている気がします。

最近のシリーズでは、空中をかっ歩したり、スライディングしたりと

かなりのスポーティな要素が含まれているので少し複雑になっていますが

それでもシステム的なものでいえばシンプルで奥深い完成度ですね。

比較的狭いマップ内で、敵を見つけたら銃で撃ち、何人も倒していくと

特別なアイテムなどを使えるようになり、更にキルを稼ぐ事もできます。

よくプレイされるモードとしては、チームデスマッチといった基本的なものから、

ドミネーションやサーチ&デストロイといったモードがあります。

ドミネーションは陣取り合戦、サーチは爆破側と解除側にわかれるモードですね。

武器の種類は比較的豊富ですが、基本的にどの武器でも敵に当てれば

すぐに倒せたりする武器が多く、快適にプレイしやすめです。

また、使用する武器のパーツを組み替えたり、迷彩といった武器の色を変えれます。

キャラクターの外見は、あまり変更できる要素はありません。

次に、バトルフィールドシリーズ。

maxresdefault

現在出されている最新のものは、バトルフィールドハードラインというものですが、

こちらはスピンオフ趣向なので、BF4のほうが完成度が高い気がします。

このシリーズは、名前からもわかるように戦場(バトルフィールド)での立ち回りが

メインに想定されたゲームとなっております。

かなり広いマップを、車両を使用したり、航空機を使用したり、4種類の兵科から適切な物を

選択し、衛生兵から通信兵、工作兵や補給部隊など、戦場のリアリティを味わえます。

敵を倒すのに、何発もあてなくてはいけなかったり、慣れていないと敵を倒すのに

一苦労しますが、その分やり込みたい方には向いてるかもしれません。

人気があるモードはコンクエストといって、CODでいうとドミネーションのように

A B C D E といった陣地を制圧し維持するのが目的です。

ラウンド開始後から終了までそれぞれのチームの持ちポイントが増減します。

過半数の陣地を制圧できていれば徐々に相手のポイントを減らせますし、

敵を倒せば1ポイント減らす事ができます、逆にやられると1ポイント減ります。

使用できる銃火器や乗り物はとても豊富で、カスタム性も高いです。

キャラクターの外見などはそんなにいじれません。

お次に、AVAやCS:GO、サドンアタックなどのPC向けのFPSですが、

こちらはオンラインでの対戦がメインとなっています。

sn_logo

お持ちのパソコンのスペックや、課金などでゲットできるアイテムの種類などによって

有利不利が明確にわかれたりするので、FPSの入門としては容易ではない方かもしれません。

共通してよくプレイされるモードとしては、爆破側と解除側にわかれて戦うモードです。

CODでいうサーチ&デストロイと似ていますが、ラウンド開始後から終わるまで

1回でも倒されるとそのラウンドが終わるまで何もできません。

なので、ある程度できるようになるまで活躍できない場合も多いです。

その代わり、使用できる武器やアイテムなどは、課金等ですぐ手に入れたりできるので

お金や時間さえあれば細部を楽しむことができる要素が多いのもPCのFPSの長所ですね。

また、頻繁にアップデートなどで新しいマップや武器やアイテムも追加されます。

ビギナーからベテランまで手軽に楽しめるCODか、

戦場などの駆け引きをリアルに味わいたい派のBFか、

はたまた、FPSを多様なアングルから楽しみたいAVAなどのPC派か、

すべてやってみるのは難しいと思いますが、自分に合うFPSを見つけたいところです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です