バトルフィールド1(BF1) VenomX™によるプレイ・設定・レビュー

先日発売されたばかりのタイトル、バトルフィールド1を

早速VenomX™を使用してプレイしてみました。

VenomX™でプレイするにあたって、少し設定を調整し

エイムや操作感などで不快な感じを無くそうと試みました。

結果としては以下の設定で、快適にエイムや操作などが出来ました。

まずConfigrationはこのようになっています

venomx_bf1_setting_configration_2016%e5%b9%b410%e6%9c%8818%e6%97%a5

主にここはマウスを動かすことによる視点操作の項目です。

Auto Fire: □Enable ←ここはオンにしてしまうと操作バグみたいなのが起きますので

必ずオフっておきましょう(□←この部分が緑色じゃなければOKです)

つぎはOther Mouse and Keyboard(その他マウスやキーボードを使う場合)項目

venomx_bf1_setting_keyboard_2016%e5%b9%b410%e6%9c%8818%e6%97%a5

今はVenomX™に付属のヌンチャクではなく

3

市販のキーボードを使用しているので、キーボードのボタン部分をコントローラーのボタン部分に割り当てるようにして使っています。

・十字キーに当たる部分はキーボードの1234に

・左スティック部分はWASDキーに

・L1R1はQとEに

・○△□×は適当に(マウス側で操作するので)

マウスはVenomX™純正のマウスを使っております。

こちらがヌンチャクとVenomX™純正マウスのボタン割り当てになっています。

特にいじってはいないかもしれません。

venomx_bf1_setting_mouse_2016%e5%b9%b410%e6%9c%8818%e6%97%a5

と、まあこのような設定で今回はプレイしました。

BF4の時のように、いきなり無双状態みたいな感じではプレイできませんでしたが、

やはりマウサーですのでエイムはやりやすく敵を倒しやすかったですね。

ただ、BF1の仕様自体にまだあまり慣れていないのと、敵がいろんな所から沸いてくるのでずっと集中していないとすぐやられてしまい、疲れます。

今回は看護兵(主に味方の回復や蘇生を目的とした兵科。あまり武器は強くない)や

戦車に乗ったり、ちょっと偵察兵(スナイパー)をやったりしました。

馬を撃っているところですが、アイアンサイトだと中々当てられない・・・。

2

看護兵は自分でも回復できる上に、味方を蘇生する事によってチームに有利な展開やポイントに持っていける上に自分にも沢山ポイントが入るのでアイテム等をアンロックしやすくBFシリーズでは定番のポジションとなる兵科ですね。

ただし今回は看護兵という名目で(今までは突撃兵)、本当に味方を蘇生したり回復させたりすることに本気だせよという事なのか武器が近距離だと撃ち負けてしまうような武器ばかりラインナップされていて、最初はイライラしたりしました。

いくらVenomX™を使用したからといって、近距離の撃ち合いに勝てない武器だとどうしようもありませんね。

個人的には戦車や戦闘機にのって優雅にプレイしたい派ですが・・・。

1

BF3の時はほとんど突撃兵ばかりで、BF4から戦車や戦闘機に乗るようにもなったのですが、

今回の戦車はちょっとイマイチかなという印象でした。

VenomX™の場合、戦車や乗り物に乗りながら三人称視点などで視点を移動する際の視点移動速度が遅めなので沢山マウスを動かさないといけないので疲れるという難点があります・・。

ですが、エイム自体は歩兵時同様とてもやりやすいので敵は倒しやすい方ですね。

BF4で初めて軽装甲車に乗ってVenomX™でプレイしたら30キル0デスみたいな展開になったので今回のBF1にも期待しましたが少しきつかったです。

今回は、第一次世界大戦という設定の影響か、敵の対戦車対策が凄まじいです。

やはり当時どれだけ戦車が怖がられてたかリアルにしたかったんでしょうけど、ぶっちゃけ対戦車意識高めなプレイヤーが1~2人いるだけでソッコーで溶かされます。

対戦車用グレネードが強い強い、ロケランも威力高いうえにどの兵科でも対戦車用携行型手榴弾のようなモノまであるのでたまったもんじゃないですね。

ある程度敵との距離がとれる場所等でないと本当に立ち回るのが難しいです。

個人的には今回はスナイパーが激アツなのかなと思いました。

3

VenomX™を使うことにより、細かいエイム操作が可能になります。

あまりにも距離が離れていると、今度は逆に操作しにくくなりますがどうせ弾道落下や偏差計算が大変なので距離が離れすぎているのはマウスもコントローラもきついですね。

今までのBFと違って、1発あたりのスナイパーの威力が70ちょっとくらいあるので今のところは高威力です。

修正されるんじゃないかなとは思いますが、今のところは少しダメージが入っている歩兵には遠くから1発あてれば倒せる感じになっています。

弾速や落下もそこまで気にならないので、VenomX™でプレイするなら

是非試したい兵科ですね。

ただハンドガンが弱いので近距離まで詰められるとしんどいですが・・・。

ということで、今回は発売されたばかりのバトルフィールド1をVenomX™でプレイした際のちょっとしたことなどを纏めてみました。

SCUFなどパッドでもプレイしてみましたが、今回のBFは中々渋い出来上がりになってます。

これからプレイしようとしている方、マウスでコンソール版のFPSをプレイしてみたいかたはVenomX™の使用をご検討されてみるのも一興かなと思います。

商品購入はこちらから(ゲームラボ動画を観た、で500円引き)

http://gamelabv2.com/?pid=73783327

bf1xvenomx-128

http://ch.nicovideo.jp/game-lab

↑ニコニコチャンネルで配信などもしています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です